オリジナルTシャツづくりのバイブル

個人から企業担当者まで オリジナルTシャツづくりについてお役立ち情報をご紹介

オリジナルTシャツづくりのおすすめ業者をピックアップ

  • 販促や販売用なら「クオリティ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • イベントやチャリティー用なら「納期の短さ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • スポーツやクラスサークル用なら「割引・学割」「価格の安さ」「丁寧な対応」
  • 個人や少人数用なら「クオリティ」「1枚〜少数OK」「価格の安さ」
オリジナルTシャツ作成ナビ~Tシャツを自作しよう!~ » オリジナルTシャツ作成の基本 » 自宅で作成

自宅で作成

オリジナルTシャツを手作りしてしまう方法もあります。ここでは、自作Tシャツの作り方を紹介します。

オリジナルTシャツを自分で作る方法

お世話になります。路地なるTシャツは、業者でなければ作れないというものではありません。道具さえ準備すれば、自作も可能です。

アイロンプリント

専用の用紙にプリンタでデザインを出力して、それをTシャツにあててアイロンでプレスする方法。

スプレー

文字やデザインを切り抜いた型をTシャツにあてて、スプレーを吹き付ける方法。型を使わずに、ラフな抽象的デザインを施すのも人気。

ステンシル

文字やデザインを切り抜いた型紙をTシャツにあてて、絵の具を塗りつける方法。

シルクスクリーン

オリジナルのデザインを作り、露光、ブラッシングなどを経てプリントする方法。いくつか専用のグッズが必要で、かつ手間がかかるので、専用のキットも販売されています。

自作Tシャツのメリット・デメリット

自宅で手作りTシャツを作ることのメリット、デメリットを見てみましょう。

メリット

  • 作る過程が楽しい
  • 趣味、ライフワークに適している
  • 少数の作成であれば、業者に依頼するよりも安く済むことがある
  • 心のこもったプレゼントとして喜ばれる

デメリット

  • 同じプリントを大量に作るのは難しい
  • 慣れていないと失敗する可能性がある
  • 手間がかかる
  • 業者に依頼するよりも、結局費用がかさむことがある
  • 失敗しても誰にも文句を言えない

メリット、デメリットを比較する限り、自作のオリジナルTシャツは、趣味や少数作成に適していると言えるでしょう。

どんな用途に向いているのか?

自作オリジナルTシャツは、次のような用途に適しています。

  • 家族や友人へのプレゼント用
  • 作ること自体を楽しみたい趣味用
  • 忘年会などの余興用

などなど。

他にもさまざまな用途が想像できますが、イメージとしては、昔ながらの「手編みのセーター」に近い用途となるでしょう。

関係の近い人への心のこもったプレゼントとして、とても喜ばれるでしょうし、また、手編みする過程を楽しんでいるのと同様、自分のイメージを自分で作り上げている過程を楽しむ、といったところが主となりそうです。

このサイトは、個人が収集した情報から制作しています。掲載されている情報は2015年7月現在のものです。最新の確かな情報に関しては各業者のWebサイトをご参照ください。