オリジナルTシャツづくりのバイブル

個人から企業担当者まで オリジナルTシャツづくりについてお役立ち情報をご紹介

オリジナルTシャツづくりのおすすめ業者をピックアップ

  • 販促や販売用なら「クオリティ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • イベントやチャリティー用なら「納期の短さ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • スポーツやクラスサークル用なら「割引・学割」「価格の安さ」「丁寧な対応」
  • 個人や少人数用なら「クオリティ」「1枚〜少数OK」「価格の安さ」
オリジナルTシャツ作成ナビ~Tシャツを自作しよう!~ » イメージ通りに仕上げるTシャツ印刷方法カタログ

イメージ通りに仕上げるTシャツ印刷方法カタログ

このカテゴリでは、Tシャツの印刷方法の違いなどについて解説しています。

オリジナルTシャツ印刷のイメージ

Tシャツの印刷方法は一つではありません

オリジナルプリントTシャツとは言っても、印刷方法には色々あります。印刷方法の違いによって、Tシャツの個性もまったく違ってきます。Tシャツを作る目的に合わせた印刷方法を選択することで、より一層、イメージに近いTシャツを作成することができるでしょう。

その意味では、印刷方法の違いは、目的の違いと言うこともできます。それぞれの印刷法がどのようなTシャツを生み出すのか、イメージを明確にするためにデザイン例を紹介します。また、あわせて、製作料金の目安も掲載しましたので確認してみてください。

目的によって分けられる5つの印刷技法

オリジナルTシャツを作成する方法には、大きく分けて5つがあります。

1色刷り・2色刷り~多色刷り

オリジナルTシャツの印刷方法としては、もっともよく用いられる方法。シルクスクリーンと呼ばれる印刷技法です。一度版を作ってしまえば、いくらでも量産できるので、大口注文や企業の制服などに利用されています。色を1色にするか、または2色にするかによって、製版代が異なります。

≫1色刷り・2色刷り~多色刷り

フルカラープリント

インクジェットによる印刷方法です。インクジェットと言えば、私たちもよく使うプリンタの印刷方法。Tシャツ専用のプリンタに設置して印刷します。パソコンでデザインのデータさえあれば、そのままTシャツに印刷することができるため、シルクスクリーンとは違って版は要りません。

≫フルカラープリント

写真

こちらもインクジェットを利用した印刷。パソコンの写真を紙に印刷することはできますが、これと同じ理屈で、Tシャツに印刷します。家族や友人への贈り物として、記念写真をプリントした、世界でただ1つのTシャツを作ることができます。

≫写真

特殊プリント(ラメ、蛍光インク、発砲インク、メタリック)

普通のインクにオプションとしてつけることのできる特殊インク印刷。デザインにラメを散らしたり、派手な蛍光色のインクを使ったりなど、特殊インクを使うことで、普通に作成するTシャツよりも、より強い個性を込めることができます。

≫特殊プリント

刺繍、ラインストーン

プリントとは言えませんが、オリジナルTシャツのデザインを一手法として、刺繍やラインストーンを利用する方法も紹介します。業者に依頼すれば、専用の機器で美しい刺繍を施してもらうことができます。また、見る角度によって違った輝きを放つラインストーンは、単なるTシャツをゴージャスな洋服に変身させる不思議な装飾です。

≫刺繍、ラインストーン

このサイトは、個人が収集した情報から制作しています。掲載されている情報は2015年7月現在のものです。最新の確かな情報に関しては各業者のWebサイトをご参照ください。