オリジナルTシャツづくりのバイブル

個人から企業担当者まで オリジナルTシャツづくりについてお役立ち情報をご紹介

オリジナルTシャツづくりのおすすめ業者をピックアップ

  • 販促や販売用なら「クオリティ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • イベントやチャリティー用なら「納期の短さ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • スポーツやクラスサークル用なら「割引・学割」「価格の安さ」「丁寧な対応」
  • 個人や少人数用なら「クオリティ」「1枚〜少数OK」「価格の安さ」
オリジナルTシャツ作成ナビ~Tシャツを自作しよう!~ » イメージ通りに仕上げるTシャツ印刷方法カタログ » フルカラープリント

フルカラープリント

オリジナルTシャツを作成する際のプリント方法として、インクジェット方式があります。フルカラープリントや写真プリントなど、どんなデザインにも対応できるのが魅力です。

オリジナルTシャツのプリント技法!インクジェットとは?

インクジェットと言えば、私たちの日常では、プリンタの印刷方法として知られています。

オリジナルTシャツにおけるインクジェットも、原理としては同じ技法。まずはPCでデザインをおこし、専用プリンタにTシャツ素材を配置。通常のプリンタと同じ要領で印刷して、最後に専用のプレス機でデザインを固める、といった流れ。

版代がかからないのが利点

インクジェット方式の第一の特徴は、何より料金が安いという点。通常はシルクスクリーンという方式を用いてプリントするのですが、シルクスクリーンの場合は、版を作らなければなりません。しかも、色ごとに版を作らなければならないので、3色の印刷に対して3つの版が必要になります。版は1つ数千円。インクジェットに比べれば、とても割高になります。(※ただし、大量の印刷が必要な場合はシルクスクリーンの方が安くなります。)

第二の特徴は、さまざまな印刷が可能という点。PCで加工されたデザインがそのままプリントされますので、むしろ問われるのは、印刷技術よりもPC技術。フルカラーでデザインすれば、フルカラーのTシャツができます。写真でデザインすれば、写真入りのTシャツができます。

インクジェットのデザイン例

白い生地へのデザイン例

インクジェット印刷Tシャツ文字、絵柄、写真画像など、どんなものでもフルカラーで鮮やかな色が再現されます。また、インクが生地にしみこむため、プリントした部分だけが手触りが違う、といったこともありません。(参考画像:インファクトリー

濃い色の生地へのデザイン例

インクジェット印刷Tシャツ生地の色が違っても、白い生地へのプリントと同じように、デザインはしっかりと表現されます。ただし、濃い色の生地にプリントする場合は、白インクを下地に使うため、手触り感は、白い生地へのプリントに比べると、少し固めです。(参考画像:プリズマ

インクジェットの料金例

インクジェット方式によるオリジナルTシャツの料金例を見てみましょう。

業者によって料金はかなり異なるため、検討中の方は、かならず公式HPを見比べてください。

プリントサイズ 白色Tシャツ10枚未満 白色Tシャツ10枚以上 濃色Tシャツ10枚未満 濃色Tシャツ10枚以上
15cm×15cm 1,000円/枚 950円/枚 1,700円/枚 1,100円/枚
20cm×20cm 1,100円/枚 1,050円/枚 1,800円/枚 1,200円/枚
30cm×30cm 1,300円/枚 1,200円/枚 2,000円/枚 1,400円/枚
40cm×40cm 1,500円/枚 1,400円/枚 2,200円/枚 1,600円/枚
このサイトは、個人が収集した情報から制作しています。掲載されている情報は2015年7月現在のものです。最新の確かな情報に関しては各業者のWebサイトをご参照ください。