オリジナルTシャツづくりのバイブル

個人から企業担当者まで オリジナルTシャツづくりについてお役立ち情報をご紹介

オリジナルTシャツづくりのおすすめ業者をピックアップ

  • 販促や販売用なら「クオリティ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • イベントやチャリティー用なら「納期の短さ」「対応の早さ」「大口注文の安さ」
  • スポーツやクラスサークル用なら「割引・学割」「価格の安さ」「丁寧な対応」
  • 個人や少人数用なら「クオリティ」「1枚〜少数OK」「価格の安さ」
オリジナルTシャツ作成ナビ~Tシャツを自作しよう!~ » Tシャツ作成時のよくあるQ&A集 » サイズについて

サイズについて

ここでは、Tシャツのサイズについて、Q&A方式で答えていきます。確かに、サイズを気にしなくてよいのがTシャツの利点でもありますが、サイズ感は実は大事。サイズについて、きちんとおさらいしておきましょう。

サイズについて Q&A

Q:サイズは何を見ればいいの?

A: Tシャツに限らず、衣類は各パーツの寸法を測ることで、より正確なサイズを知ることができます。オーダーメイドでシャツを作るようなことがなかったとしても、一度きちんと採寸してみて、自分の正しいサイズを知っておくとよいでしょう。

まず、手持ちのTシャツを平置きにします。段差があると、サイズがくるってしまうので、テーブルや床の上で、各パーツを測ります。

  • 身丈…襟のリブ部分から裾まで、上から下までの全体の長さ
  • 身巾…左右の脇下から1センチ下がったところの、左右の行き幅
  • 袖丈…肩の付け根上部から、袖の先までの長さ
  • 肩幅…肩の付け根上部の、左右の行き幅
  • 裄丈…後ろ衿の中央部分から、袖の先までの長さ(左右どちらでも)

また、Tシャツを作成するときには、同じMサイズだったとしても、選んだTシャツによっては若干違いが生じる場合もあります。会社によっては、きちんと各パーツの寸法を明記してくれていますので、それを参考にしましょう。

Q:記号の意味は?

A: 衣類のサイズはS・M・Lを基本に展開しています。

Sはスモール(small)、Mはミディアム(medium)、Lはラージ(large)を意味します。これ以外に、展開されるサイズとして、XS・XL・XXLなどがあります。Xはエクストラ(extra)を意味するので、「より増した」Sサイズ、Lサイズといったところでしょうか。ちなみに、XLは2L・LL、XXLは3Lに相当します。

男性用と女性用にサイズ展開を分けているものでは、GS・GM・GLまたはWS・WM・WLと表記されることがあります。Gはガール(girl)、Lはレディ(lady)を意味し、通常のS・M・Lサイズよりも、小ぶりに作られています。Jという表記があるものは、ジュニア(junior)サイズなので、子供用です。

また、商品によっては、90・100~150・160といった、対象の身長で表記されることもあります。この場合のサイズは、150・160の次に、S・M・Lと展開します。

Q:レディースやキッズはある?

A:ほとんどの会社で、レディースやキッズ対象のサイズ展開をしています。

あらかじめレディース商品とされているものは、S・M・Lとあっても、やや小さ目に作られていますので、男性は注文するときに注意が必要です。また、シルエットも、やや体にフィットするようなタイトなものが多いので、男女混合で注文するのであれば、レディース商品とはされていないものを選んだほうがよいでしょう。

キッズ商品も多くあります。幼児であれば80や90といったサイズから展開しているものを選びましょう。ロンパースという、すっぽりかぶって、股下でボタンでとめるタイプの、赤ちゃん用の衣服があるところも。これなら、家族全員で、自分にあったサイズのシャツを選ぶことができますね。

このサイトは、個人が収集した情報から制作しています。掲載されている情報は2015年7月現在のものです。最新の確かな情報に関しては各業者のWebサイトをご参照ください。